スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男体山



台風一過の青空が眩しい。

ある程度テントの露を乾かすべく
ゆっくり朝ごはんを食べるも、
せっかちな私は、
早く今日の山に登りたくて
たまりません。

団体行動が苦手なのが露呈。

サクサクとテントの片付けを終え、
支度を整えます。
あまりにヒマだから、
眉毛とか書いちゃった。

で、出発。

と、すぐに湯ノ湖の素晴らしい景観に
見惚れてしまい、ちょっと写真を取りに車を降りる。






湖面に映り込む外山が美しい!!

と、青空の写真は以後少なくなりますので、貴重な数枚です。

さてと本題の男体山。

今回は二荒山神社から中禅寺湖を見ながら登る表登山道コース。

登山者専用駐車場が神社の奥にあります。
祈祷受付所で登拝料500円を奉納します。

すると、こんなのを貰えます。




一合目までゆるゆる。



にしても、、

やけに朝ごはんをゆっくりやってると
思ったら、その張本人がペースメーカーとなって、、、
ああ、、しまったー、、
やられたー。。やたらと早い。。。

まだ自分のペースを作れないウチから
ハイペースに引っ張られ、
三合目ですでにバテバテ。。




三合目から四合目まではアスファルトの道路を歩く事になります。

四合目の入り口に到着。



しばし休憩。

これが最後の展望となる。



汗だくですよ。

樹林帯をひたすら登り、



こんなところとかがあり。



まぁ、この鎖場は登山道とは関係ないのですが、修験道の雰囲気プンプンですね。

そして、六合目あたりから石がゴロゴロの「観音薙」という場所が始まり、
ここら辺りから急に強くなる自分。

ここまでの段階で、かなりみんなに後れを取っているのですが、やっとペースができてきているので、下手に休憩は取らない方が良さそう。
とは言え、ここまでに
何パーティ抜いた事か。。
早ぇよー!!くそっ!
展望も無いし。。。
楽しめねーよっ!

「修験の山なのに、呪詛の言葉しか思いつかないよ。」と、悪態をつく私。
大人気ない。


休憩ポイントで余裕顔で待ってくれている仲間に「自分、遅いから先に進むね」と
告げ、黙々と歩く。

やっとエンジンがかかってきたぞ。


でも、やっぱりバテバテ。



九合目。






ここまで来れば、あと少しだっ!

あれあれ~~、すっかりガースー。
まるで地獄ぅぅ~~。






赤茶色の砂礫の斜面は歩き辛いのですが、小股でしっかり登って行きます。

この辺りから中禅寺湖や戦場ヶ原なんかが見えるはずなのですが、
まぁ、無理かなぁー。

ということで、とにかく山頂を踏みましょう。


ここです。
男体山。2484m。



二荒山大神御神剣。



一等三角点。



影向石。



二荒山大神。



奧宮があるとの事ですが、
自分はスルー。

そして、ピストンで下りるのですが、
下りでは水を得た魚のような私。
若干、ハイになりつつ、
サクサク下ったとの事でした。



まさに修験の山。
楽しいとかよりも、
瞬間、無心になれる山でありました。



さてと、
今回もドタバタ山行でしたが、
それもこれで終了。

温泉後、メンバーの熱望により、
イタリア大使館別荘記念公園に行く。


今回の旅で一番テンションが上がった!と、はしゃぐ彼ら。。




山じゃねーのかよっ!



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

展望も何もなければ、ほんとに修行です。

この山は、元々が女人禁制の山なので、
この時代に生まれてよかったと思いました
( ´ ▽ ` )ノ

今からは低山の紅葉の季節ですので、
奥多摩とか近場の山を今年も楽しもうと
思っております。
その後で、いよいよ雪山かしら。。
うふ。
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。