スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栂指嶽 赤いクラック

いよいよ旅の核心、
栂指嶽、5.9のマルチルート、
赤いクラック。

確かにクラックなのですが、
感覚的にはほぼフェースのルートです。




神社に車を停め、
登山道入り口から入り、



岩の位置を確認しながらアプローチ。


登山道をそのまま行ってしまうと、
取り付きとはズレた場所に出るようです。





ここからスタート。


もれなく際どい場所という事で、
カメラを落とすと面倒くさいと。
またもや写真禁止。
ほとんどありませんのよ。


で、リードは超人にお任せし、
またも付いて登るだけの私。。

他の人のブログによると、
ルートファインディングに失敗し、
敗退したパーティもあるようですが、
そうなるとまた面倒くさい事になってしまうので、
なんとか上まで行きたいものです。




比較的足場の悪いビレイポイントが多く、途中、やっと安定した広めのテラスに到着したので、ここから下の景色を撮影します。







ひぇぇ。。。


途中、トラバースをしたり、
あぶみを使う場面などが出て来たり、
いろんな事がありまして、ドキドキ。

そしていよいよ最終ピッチ。

と、ここで、急に暗雲が垂れ込めてきました、。

咄嗟に思い出したのが、
宿のフロントの人から聞いた話。

それによると、昨日、
その宿に落雷があり、
電子機器に異常が出た、との事。。

あれがもし、雨を降らせたり、
雷なんかを蓄えてきたりしたら。。。

ひぃ。。
早く登らなければ。。


使える物は何でも使え、
という指示を忠実に守り、
ガッツで登り切りました。




黒い雲が。。



ほんとなら岩の上でおやつでも食べて
景色を堪能したかったのだが、5ピッチ目あたりから、風が強まり気温も下がっています。
何より雨が降って来ると厄介です。

っつー事で、
登って来た方の裏側から
懸垂下降で下ります。

残置のフィックスロープがありますが、
自分らのロープで懸垂した方が
安全だし、簡単そうです。


登山道を下り、登り口に戻ると、
若干、荷物を触られたような形跡が。。
しかし、中身は無事そう。

もしや!!猿???

食べ物と貴重品はザックに背負って
登ったので、
つまんないと思って、
ちょっと放られたようです。。。


という、事で、
里帰りプラスクライミング旅行は
これでいよいよ終焉を迎えます。


フェリーで神戸に渡り、
一路東京へ。

なんと、途中、中央アルプスあたりで
雪が降り始め、あわや東名高速に乗れるところまで引き返しか??
という事が発生していたようでしたが、
そんな事とはつゆしらず、
うっかり寝ておりました私です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。