スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大岳山

軽アイゼンを履ける山に行きたい。

というリクエストを受け、
とりあえず奥多摩あたりで軽アイゼンが履けるような山をチョイス。

三頭山に行こうと思いきや、
周遊道路はすでに通行止め。

かと言って、標高差はなるべく
低めに抑えたく、下から登るのも
なんだかなぁ。。と、思い、
お手軽な御岳山からの大岳山に
登る事にした。


大岳山は何回か登っておりますが、
このルートは初めて。楽しみ。



お決まりの顔出しパネルで
ひとしきりはしゃぎ、スタート。


あそこが御岳神社で、三角のピークが
奥の院。



間も無く天狗の腰掛杉に到着。



ここから奥の院に登る為に、右側の階段を登るべきだったのですが、
楽な方を求める本能が、私を直進させてしまった。。

っつー事で、穏やかな巻き道歩きに。



足元に広がる東京砂漠。

スカイツリーもバッチリ見えて居るのですが、写真に映らないのが残念。





小さな橋を渡り、
比較的安全そうな雪道を登って行くと、
芥場峠に到着。



標識に従い登れば
すぐに大岳神社の鳥居に到着。



やってない大岳山荘。
脇にあるトイレは使えます。



狛犬フェチにはたまらんこのフォルム。



ここで、、

一般的には見えないはずの物が見えてしまう連れは、この場所が気味悪いと言うのです。。
しかし、、私にはさっぱり。

いいなぁー、私も見たいなぁー。



鳥居をくぐり、ちょっとした岩いわした所を通れば、山頂直下。



この山頂直下から山頂に出る瞬間が
たまらなく好きです。

大岳山、1267m。



富士山も御坂山塊も、丹沢山塊も、
もちろん奥多摩の山々も、バッチリ見えております!
なんなら、東京湾だって、
キラキラです!

ここで休憩。

私の分のミニラーメンまで
用意してくれていた連れの
優しさに感動。。

膝が痛いのに、私の分まで。。
ありがとう。。

しばし、景色と食事を楽しみ、
下りではいよいよ軽アイゼンを履く事に。



正直、無くても平気な感じだったんですけどね。
雪道と、土の道のミックスなので、
アイゼンの歯が引っかかる方が
危ない気も。。

まぁ、しかし、軽アイゼンを履く会なので、外せないイベントなのです。


登りは巻き道を来てしまったので、
下りは鍋割山と奥の院を通る。

樹林の隙間から鷹ノ巣山やら雲取山やらが見えます。とてもいい尾根道。



雪は程よく着いております。



鍋割山山頂。1084m。

痩せた岩岩の尾根道を登れば、

奥の院の祠。



この道はなかなかに楽しいぞ。。

日の出山とかも見えております。




鍋割山の分岐あたりで軽アイゼンを
外してしまったのですが、
ほんとはこの辺りで活躍できたのでは
ないか?と、思ったりもした。


御岳山の土産物通りまで下り、
蕎麦と甘酒で打ち上げ。



この時期の山は、早め早めに行動をし、
時間に余裕を持たなくてはいけません。

無事、何事もなく、
まだ早い時間に下山できる事が
何よりのお土産なのです。



駅からの眺めを楽しんだり。



遠く見えるは、日光白根山と男体山。

あちらもすっかり雪山の様相です。


と、いうことで、2013年の登り納めは奥多摩で締められました。

軽アイゼンの効用に関しては。。。
ちょっと体験としては
物足りなかっただろうと思うので、
年明けにリベンジっつー事で。







さてと、、

今年は5月に靭帯損傷をしてしまうという事故がありましたが、

今年一年、
登った山の数を数えてみると、
大きなピーク、29個。

クライミングをした岩場、
何度も行った岩場は一つと数え、
10ヶ所。

初めての中央アルプスや
マルチルートデビュー。

怪我をした間の欲求不満を
後半、巻き返すが如く動き回り、
幅の広がった一年となりました。

お付き合いいただいた皆様、
ありがとうございました!

そして、協力してくれた身内の皆様、
自由奔放で申し訳ありません。。

そして、ありがとうございました!
すんませんー!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。