スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本仁田山

ここんとこ、雪山続き。
ここらで一発、ほのぼの山行を
挟みたい気分。。
そこへ来て、

え??2月なのに?15度。。。??
なんやて??!!



ものすごい小春日和という予報なので、
せっかくだし登ろうかな。
って感じなので、単独です。



以前から気になっていた、
花折戸尾根から本仁田山、
さらにはバリエーションルートに挑戦で、入門編?ゴンザス尾根へ下りましょう。



今回は車もなんとか無事なようです。



8時35分スタート。

線路のすぐ下辺りにある水色の小さな
橋を渡り、犬小屋を目指せば
登山道入口。



踏み跡はしっかりあるので、見落とさないように行けば問題無し。






白丸ダム



あちらに見えるは、赤杭尾根。
正月に歩きました。






動物発見。
モグラの亡骸。
黒い種類だ。
道の真ん中に居たので、
端っこによけ、葉っぱで隠しておく。

ここらで景色が開けてきた。
イバラの道に入ります。





いててっ。。





薄く雲が広がってきたかな。。



この辺りから富士山も見えて来ます。

そして、チクマ山。



チクマ山を過ぎた辺りから、
自分好みの道の雰囲気に。。



あそこが山頂。



いい感じの傾斜を黙々と登り詰め、
分岐を右に取れば間も無く山頂。

10時40分。




この日は冬用アンダー一枚で歩いたのですが、汗だく。。
夏用で良かったかも。。。

山頂でも、防寒着を着る事も無く、
ポカポカおやつタイム。



東側は都内方面、南西方面からは
富士山。



40分程休憩を取り、下山。

チクマ山を越えて、その先の分岐から
ゴンザス尾根へ下ります。







むほっほ。
岩岩の痩せ尾根とかも時々
出て来ます。。
ヤバい、、楽し過ぎる。。。

そして人工物。





麓が見えて来た。



実は、この辺りからがちょいと戸惑った
所で。。。

地形図では、尾根を外さずにまっすぐ行くといい雰囲気なのですが、
ここに、NHKの作業道が入り組んでおり。。

一旦作業道に入ってもまたゴンザス尾根に戻るようなので、
GPSを見ながらとりあえず尾根を
下って行きますが、
結局、とても急な場所に差し掛かり。。

滑落してはつまらない、、と、
とりあえず少し登り返す。

どうやら、結果的には素直に作業道の
踏み跡を辿り、
3~2~1と、順番に下れば、
集落に下りらるようでした。



民家のお墓の裏へ。



下りきったら民宿山田荘。



13時10分。


時間が思いのほか余ったので、
数馬の切り通しを通って帰ろうとするも、取り付きがわからずスルー。


では、白丸遊歩道を歩いて戻ろうと
行ってみたが、こんな感じ。







仕方ないので、車道を歩いて鳩ノ巣駅に向かっていると、車道脇のフェンスに
鳩が挟まっている。

自力で脱出できるかと、しばらく
観察していたが、もがけばもがく程、
深みにハマっている様子。
足も羽も頭もフェンスに絡まった状態で、全く身動きが取れなくなり、
涙目でこちらを見ている。

結構高い場所なので、
登ってみて落ちたら
車に跳ねられちゃうし、
面倒だなぁ、どうにもできないなぁ。。と、見捨てようかと思ったが、
とりあえずベストを尽くしてみる事に
した。
確実に、鳩の恩返し目当てだがな。
くく。


フェンスに登り、絡まった部分を外し、
一旦、フェンスから降りて、
がっさがっさと揺らしてみた。


詰まった葉っぱと一緒に鳩も落ちて来て、無事に下から抜け出る事ができたので、後味は良かったが、
まだ恩返しに来ないので、
待ちくたびれています。
まだ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。