スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山 その2

やぁ~~~。


雷鳥荘って所は噂には聞いていたが、
飯は美味いし、
温泉はいい湯加減。
部屋も床暖房なんか着いちゃってて
チョーカイテキー。


酒も美味いしグビグビいけるねぇ~。。。
やー、愉快愉快~~。

雷鳥可愛いかったなぁー。
あはははー。


お、部屋にテレビは無いのか、
テレビが無いってこたぁ、
現代っ子の自分はヒマが潰せねーや、
あとは寝るだけなもんで、
あ、そうだな。
せっかく温泉だしなー、
ヒマだしもう一回風呂入ってから
寝るかぁー。


と、風呂に入ってから
消灯。


ズキンズキンズキンズキンズキン
ズキンズキンズキンズキンズキンズキン

ズキンズキンズキンズキンズキン。





って事で、標高が高い場所で、
飲酒をし、風呂に何度も入ったりすると、頭痛で朝まで寝られないという
地獄を見ますので、皆様、
お気をつけください。。。



「あたしゃ、今回はダメそうだ。。
この頭痛が治らない限り、
ここまで来て今日はまさかの
二日酔い敗退だよ。。」

いつも持ち歩いているはずの頭痛薬が
無いので、打つ手無し。

食欲はガッツリあるので、朝食は
たくさん食べた。
高山病では
なさそうだ。


仲間が頭痛薬を調達してきてくれ、
それを飲みしばらく安静にしてみる。


あ、頭痛、治ってきた。


こんな調子だったので寝不足ではあるが、せっかくの好天。
無理のない範囲で、
上まで行ってみる事に。




今日はあそこ。

雄山。




とりあえず、荷物をなるべく軽くする為、余計な物は室堂ターミナルの
コインロッカーに預ける。

本当なら、全て背負って登る予定だったのだが。。


あ、そうだ。
みくりが池も凍っておりました。




だいたい、湿原とか池とか、
みんなが喜んで行きそうな場所は
混むので、雪の季節に行く。
当たり前だが、いつもこんな感じ。


さてと、まずは一ノ越を目指します。

斜面のトラバース。

条件によっては雪崩て、何回か
事故のあった場所という事なので、
素早く通り過ぎる。

ひたすら歩く。

ちなみに立山は今年からビーコン必携になっております。
BCの人達だけでなく、登山者もです。


無駄な動きもなく、一ノ越山荘へ到着。



ここまでは暑いくらいなのてめ
薄着でしたが、
ここからは稜線。

しっかりとハードシェルを着込み、
フードも被ります。

気温はマイナス4度。
暖かいのですが、予報に反して
そこそこ風が吹いているので
少し寒く感じる。
汗は結局、山頂までかかなかった。


下から見ると大した傾斜には見えないのだが、
取り付いてみると、なかなかの高度感と
傾斜。




頭の辺りに見える物は、屋根ですかね。

ここからは少し緊張感を持って行きましょう。

どのみち、滑落する訳にはいきません。


岩と雪のミックスした場所を確実に
登っていきます。

できるだけトレースをもらいながら。。

お、人工建造物が見えてきた。



近くに見えるが、意外に遠いぞ。



いやぁー。

着いた着いた。

あそこが山頂。




私が山頂に到着するとガスが来た。。

青空を待つ。



ガスの流れは早いので、近隣の山々も
見え隠れ。

北アルプスをこちら側から見るのは初めてなので、感覚がなんだかおかしくなる。

槍ヶ岳も唐松岳も、穂高も爺も五竜も
チラリズムで攻めてきます。

うーん、なかなか焦らすねー。








やたらとお腹が空くので、またもや
行動食で慰める。


不思議と、お社の所は風が凪いでおり
暖かかったのだが、結界の中なので、
飲食禁止なのです。。




鳥居に座り、記念撮影。


さてとー、
大汝山へ行くかどうするか。。

ここは滑落事故の多い場所。

まだ雪が多めで、トレースは無し。
結構、急な下り坂になる。

うーん。。。

どう見ても怖いから、
やめとこ。


っつー事で、下りますか。


下りは来た道をピストン。

登りながら、
(結構な傾斜だな、下るの怖そうだな。。)

と、感じていたのだが、
意外にそうでもなく、
あっさり小屋に到着。





またも雪崩リスクのある場所を
通過する為、雪が腐り始めないウチに終わりたいと、サクサク歩く。
仲間はスキーで先に行ってしまった。


そして、室堂ターミナルに到着した頃には雄山の山頂を含む全ての稜線が
ガスの中。

いいタイミングで下山できて、
ラッキーでした。。


そして、トロリーバスは観光客だらけ。
これでもGW前なので、
マシなのだそう。。

しかし、、日本語以外の言葉も飛び交い、まるで終戦の混乱のようだ。



すごいな、立山。








帰りも蕎麦を食す。
ほんと、絶品。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。