スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤岩尾根

朝6時に家を出て、日窒の廃墟群の
駐車場に到着したのが、9時前。

意外に100キロもある。
もっと近い気がしていたのだが。

ここんとこハードデイズなので
なかなか疲れが取れないが、
ずっと憧れていた赤岩尾根、
気合いで乗り切るぜっ!

9時スタート。

公民館廃墟の所にあるチェーンを超え
登山道へ取り付く。



右側。



地図は破線、的確なルートファインディングが必要な道とあるが、
踏み跡は明瞭。



途中から広葉樹林になる、とても
いい感じの道をどんどん登って行くと、
間も無く赤岩峠。







9時50分。

埼玉県側は風も無く穏やか。
少し暑いくらいだが、峠に到着した途端、群馬県側からの風が冷たくて
気持ちいい!
10分休憩し、スタート。

10時20分、赤岩岳。



10分休憩。






この日は休日という事もあり、
駐車場に何台かの車が停まっていたのだが、岩場に差し掛かった所で、
先行パーティに追い付く。

小田原の山岳会という方々ですが、
ロープを出していたので、
少し時間がかかりそう。



まあ、焦っても仕方ないので
待つつもりで見ていると、

左側にフィックスロープがあり、
そちらからも行けるという事。

では、自分らはそっちから周りこみ
お先に失礼します。。





次々と現れる岩峰、
アップダウンを繰り返し、先に進む。

これ、累積標高差だとそこそこ
ありそうだな。

大好きな痩せ尾根と、
岩質のモロい岩場を慎重に登る。

結局、ロープを必要とするような
箇所は無く、とは言え、浮き石は
そこそこあるので、
しっかり一手一手確かめながら
登る。
そうしていれば
なんて事は無い気がしました。

とは言え途中、
ルートファインディングを
誤りかけたが、すぐに気がつき
リカバーする。

もしかしたら高所が苦手な人には
それが核心なのかも??




P4。

途中からの両神山頂。
ずいぶん前に行ったな、懐かしい。



そしてP2。
体で2を表現してみましたが、
全然できてないね。



あー!空が綺麗だ!



あそこも楽しそう!!



最後のピーク。



P1到着!!

12時50分。

感無量!




見渡せば北アルプス、八ヶ岳、
金峰山、小川山、二子山、、、
妙義も??








今日はここまでとして、

山頂をしばし楽しみ
八丁峠に向かって下山開始。

今度は八丁峠から山頂に行くのも
いいかも。



未整道なのは、赤岩尾根の方ね。






この植物は?



北側や沢沿いは標高が低くなってきても雪が残っておりました。



上落合橋到着、14時。

ここからは林道歩きで30分。

林道に炊飯器。
早くご飯炊けないかなぁー。




駐車場到着、14時30分。






せっかくここまで来たので、
廃墟を見てみようかな。ワクワク。

今年の雪のせいか、
建物がかなり崩壊しており、
危険な匂いがプンプン。

ここにきて建物崩壊で事故るのも
嫌なので、ほどほどに。



生活の匂いがそのまま残っているのに
人が居ない、この不思議な空間。

お花と消化器。





から見る、赤岩岳。







村は廃村になってしまったが、
工場自体は現在も稼働している。
郵便局も機能しているっぽい。


車道脇のフェンスは雪と落岩で
ボロボロ。

電信柱がボッキリ折れております。




あの大雪の時、
御岳集落やここら辺は孤立してたんだもんなぁ。。

自然の力はすごいのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。