スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙義山 もちろん破線ルートだぜっ

以前からずっと行ってみたかった妙義山。表妙義、破線ルート狙いで。


前日夜に雨が降っていたので、
どのくらい岩が濡れているのかが
ネックなのですが、少し遅めに
スタートすればイケるんじゃないかと
いう事で、
8時30分、中之嶽神社駐車場スタート。





全く有り難みの感じられない
日本一の大黒様のある神社の境内を通り、いきなりのこの階段。



うへぇ。

すぐに登山道らしい趣のある道に入るのですが、注意を促されまくります。





はい。
くれぐれも気をつけて頑張ります。

で、石門分岐を超えれば
いきなりこの鎖場♪
きゃっ♪♪




想像していたより、垂壁に近いので、
鎖があるとは言え、
こりゃ、クライミングやっといて
よかった。。と、改めて思う。

かえって鎖を持つ方が振られそうで
危ない気もするのだが、、、




ガスは多めですが、下界は見えます。
今日の目的は景色ではなく、
岩場を歩く事なので、雨さえ降らなければいいのです。





中ノ岳。だったと思う。。
9時。
裏妙義もなかなか誘ってきますねぇ。。



遠く見えるは荒船山。
いつか行ってみよう!

地図上に「危」という文字がたくさんある道をどんどん進みます。
これまた赤岩尾根よりも
アップダウンがハンパねえ。

お決まりの先っちょ撮影。




東岳を通過、鷹戻しの頭を通過、
地図上には死亡事故多し、と連発されている箇所を、慎重に行く。



足元に鎖とか、逆に危ない気が。。

慎重に、慎重に、うふ。



振り返る。

ツツジも満開。



この辺りから、

鎖を絶対に離すな!

との強めの注意書き。

ここを横切るそうで、うふ。

絶対に離しません!!
うふ。





こんな感じで鎖とハシゴ、計60m。

所々ですが、
鎖が以上に太くてですね、
鎖を持ち上げる力が無駄にかかって
しまうという、なんだかおかしな事に。

こんなに太くしなくてもいいだろ、、
と、突っ込みを入れる。


スリリングな山行を楽しんでおりますが、よくよく考えてみたら、せっかくの
核心部をクライムダウン。。。

しまったー、逆から回ればよかったのかー!!!


今度行くなら逆に回ろう。。。






とにかく危険です。
安易に入らないでください、
なんです。



全体を通してロープを出す場面は
ありませんでしたが、
岩場はもとより、ざれた急斜面も
あるので、とにかく気が抜けません。

女坂分岐から茨尾根へ。





沢の辺りで、沢を渡る明瞭な踏み跡がありますが、そちらではなく、沢に沿って
登って行く感じです。

スラブの岩場はそのまま直登。
楽しい~~。

ちっちゃいナナフシ発見!
かわいい!!


そして、


相馬岳到着。12時5分。




しばらく大休憩を取り、
白雲山へ。

タルワキ沢のコルからタルワキ沢コースを下り、タルワキ沢出合から中間道へ。
13時5分。








これが、、、
かなり下ったなと思ったのだが、
案の定、かなり登らされるハメに。。


ううー、ま、仕方ない。


これ、何の写真だ??




そして、なんやかやで登りの稜線近くまで登り、そして下り、
第四石門へ。

せっかくなので、
大砲岩のてっぺんにも乗っておきます。



へっぴり腰と見せかけてー、



そうでもないぜっ!




大砲岩の辺りからは観光客も来る場所なのですが、

観光客の皆さんへ、
ここね、行けるけど、
やめといた方がいいよ、

みたいな事を書いてある看板があります。

次々に立派な石門やら、
ちょっとした鎖場を通過し、

石門広場から第一石門、石門入口に下り
車道を少し歩いて、





駐車場へ到着。



念願の表妙義、破線ルート。


岩場有り、アップダウン有りの
なかなか登りごたえのある
いい山でありました!!

次は裏妙義だぁ~!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。