スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木曽御嶽山

奥多摩の御岳山ではなく、
木曽御嶽山。

平日ではあるが夏休みという事もあり、混んでいるかもと予想。
しかし、皆さん、この頃は世界遺産にもなった富士山に気を取られているので、御嶽山は富士山ほどの混雑はなさそう。。

王滝口から登ります。



最初は遊歩道のようで、道幅も広く歩き易い。
山ガラスを撮影するカメラマンの人達のかぶりつき具合がハンパねぇ。


そして、ここからは整備のされ方はすごいが、少し山道らしくなり、
過去には女人禁制だったという登山道に入る。




やっぱり夏休み。
学生の団体さんなんかがおり、
何でも無い日に比べたら人出は多め。

しかし、学生さん達はとても礼儀正しく
お行儀もいい。
どこの学校かわからないが、
これなら気持ちよく歩ける。

そして、2500mを超えた辺りから
やっと風も冷たくなってくる。
汗冷えが気持ちいい。。。

ふと後ろを振り返ると駐車場と三笠山。




あぁっ!!こんな所に!!
おっことぬし様発見!!






この日は絶妙な高さに雲がかかっており、近隣の山々も見えにくい。
やっと木曽駒ヶ岳の宝剣岳が見えた。




そして、9合目。
大好きなハイマツ。

いい香り。

花もまだまだ咲いてます。








王滝頂上付近。
ここら辺りから硫黄の香り。



チームワークすごそう。





そして、山小屋が並ぶお社への階段を
登ると剣ヶ峰があり、そこがピーク。

御嶽山。3067m。

久しぶりの3000m峰。







登り始めに飲んだBCAAが効いているのか、一度も休憩を取っていないのにも関わらず、全然疲れていない。。
しかも、コースタイム3時間のところを
2時間切っている。。
あのBCAA、大丈夫か??
すごいが怖い。


そして。。。

岐阜側からガスが来たが、
モウマンタイ。

少し休憩を取ろうとおやつタイム。

そこで、学生の団体が校歌を歌い始めた。

ほとんどの子が山になぞ興味は無く、学校の行事でしぶしぶ参加させられているはずなので、酸素の薄い山頂で校歌を歌うのなんかダルいんでしょうが、青春が眩しく見えるお年頃になった私にとって、こんな素敵な青春の一ページを
目の当たりに出来た事に感謝です。


さてとー、疲れて無いし、
お鉢巡りして、奥の院とかも行っちゃうかー。


山上湖萌えにはたまらんコバルトブルーの2ノ池に向かう。


童子像がたくさんあります。


あ、なんか地獄だ。
今の自分にはちょうどいい場所だ。










お鉢巡りは楽しくて、
なかなか先に進みません。

あ、近くなってきた。



ニノ池。
素晴らしい!!




ここに泊まってみたかったなぁ。





くるっと周って、
奥の院に向かいましょう。




滑ったら大変。




行きには気がつかなかったが、
地図にも載っている噴気口。
地獄じゃ。



この辺りからガスが多くなり、
おどろおどろしい雰囲気に。
爆裂火口。
地獄じゃ。




奥の院。



ここからは9合目までトラバースして
下り、元の道に合流。

終わりが見えて来ました。




2300m付近でブヨがものすごく!
サングラスの中にまで入ってくる!
辛抱たまらんので、ハッカをつけた。


そして間も無く無事下山。



学生さん達はバスに乗り込むところ
のようで。

お疲れ様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。