スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北岳 日帰り

えぇ??
その標高差を日帰りって。。
しかも、バスの時間の縛りがあるから
下山が間に合わないとマズいでしょー。
嫌だ、嫌だよー、せっかく行くなら
一泊だよー。




と言って、頑なに拒否をしていたのですが、急に気が変わった。

バットレスは落石が多いとかで行ける目処は立たないし、行けるチャンスがあるなら行っておかねば、いつまで経ってもへっぽこ野郎だ。

よし!わかった!
北岳日帰りしちゃるけんのう!


元々は夜叉神からバスに乗る予定だったのだが、どうやら通行止め。

夜中のウチに奈良田の駐車場に入り仮眠を取り、始発のバスに乗る。
ギリギリ座れたのはラッキーだった。



ぐねぐねの林道を走る事55分で広河原へ到着。



さすが8月の北岳、
平日なのにそこそこ人が多い。

そして、山頂はすでにガスの中。
いいです、いいです、別に、
ガス万歳ですわ。



大好きな吊橋を渡り、



広河原山荘で登山届けを提出し、
いざ!

樹林帯を適当な事ばかり言いながら
ゆっくり歩き、分岐点へ。



ここで、本当は大樺沢に向かうつもりだったのに、白根御池へ向かってしまった!

理由はと言うと、適当な事ばかり言いながらだったので、標識を見て

「Oh~IKE、Oh~IKE~!yo!」

などとラップ調で調子を取ってしまったからである。
そんな事でルート選択を間違えてしまった。。。

まぁ、今回はどっちに向かっても山頂を目指す事には変わらないので、よかったのだが、以後、気をつけます。






ひたすら高度を上げて水場に到着。




途中で水が汲めるのはありがたい。

連れが水を前にして喜びのあまり発狂。

すぐ後ろに知らない人が来ていたとも
知らずに、、くくっ。



間も無く白根御池小屋へ到着。

こんな山の中でソフトクリームが
食べれるとは!
美味い!!



10分程休憩を取り、



ここからは草スベリ。
500mの直登。

草原がとても綺麗なのだが、
直射日光がとにかく暑い!
暑さに弱い自分は
ただただ一生懸命登るだけ。



足元に見える池がどんどん小さくなって行き、鳳凰三山のオベリスクが見える頃には森林限界も近い。













山の天気予報通り、雲が稜線にわいてきた。

あっ!富士山!

見納めかもしれないので、しっかり見ておこう。







ハイマツ帯を抜け、稜線に出た辺りから風が冷たくなってきた。
薄手のフリースを着る。

小太郎尾根分岐辺りからは
甲斐駒ケ岳も見えてきた。









気持ちのいい尾根歩きから北岳肩ノ小屋へ到着。



トイレや水もありますが、
とりあえず少し休むだけに。



さてと!
ここまで来ればあと少しだ!

岩稜の急登と地図に書かれてある場所を
印を見逃さないように登り詰めれば、、




北岳到着!!!3193m!





はい!
山頂名物ガス!

心眼で富士山を拝み、日本第二位の
山頂を楽しむ。


実は今日はもう一人、同行しているつもりで登山をしていた。
それは、先日亡くなったギタリスト。

以前、私が登山を始めた事を知った彼から登山に連れていってと言われていたのだ。
元々アウトドア好きな人だったので、
いつかキャンプなんかもしようと
約束していたのに。
約束を果たさないウチに彼が病気になってしまい、快方しないまま命を終えてしまった。
だからせめて、今回は連れて登っているつもりで、と、そんな想いも一緒に登ったのだが。。

ごめんね、あっくん、ガスだわ。


ってか、あっくん、もう天国の人なんだから、ガス飛ばしてよ。

そんな事を考えながら、休憩を取った。


そして、人様に迷惑をかけない程度に
山頂ダンシング天気予報を遂行。


さすがに酸素が薄いのか、
息が切れた。


さてと!

目標の時間通りに山頂は踏めたので、
あとはバスに間に合わせなければ!

下山開始。




稜線を南へ。
一度、道を誤りかけるが、すぐにリカバー。危ない危ない。。







八本歯のコル辺りにて、ものすごい可憐な山ガールに遭遇し、ざわめく俺達。

その後もハシゴに次ぐハシゴを下りつつ、これまたものすごい綺麗な山ガールに遭遇し、これはどうしたことかと
興奮する俺達。

今日は当たりの日だねー!

と、喜びながら、テンション上げめに
どんどん下りる。


登った分下りるのだから、これまたハードだぜ。



広河原が見えて来たが、まだまだ先は長い。





雪渓は多めですが、登山道は出ているので問題無し。


一箇所だけ、雪渓を渡りますが、
問題無し。



そして、水場と見ればはしゃぐボク達。





と、遊び遊びおりてますが、
どうやら最終バスの一本前の便に間に合いそうだ。


少しペースを上げる。




沢を何度か渡り、水の流れる登山道を
びちゃびちゃ歩き、、

吊橋を走って渡り、



間に合った!




だのに。。。。

割と先頭の方に並んでバスを待っていたのに、バスチケットを買っていなかった為、慌てて買いに行っている間に席を確保できず、立ち乗りになってしまった。。
とんだヘマをしちまったぜ。。

が、おかげで日帰り温泉に入る事が出来たので、ヨシとするかー!


奈良田温泉、奈良田の里。




北岳日帰り成功の上、
アルカリ温泉でお肌つるっつるの
漢男になれました!

押忍!
ごっつぁんです!先輩!




そして、また丸パクリコースタイム表。
ふふ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごっつぁんです!

今回も例になく楽しく登れました。
また是非、誘って下さい。

しかし、何で最後まで俺たちアホなんでしょうね?
ダメージダメージ。

Re: No title

押忍!
ッス。

さすがに本気と書いてマジにならなくては
いけない場所もありましたが、
北岳満喫させていただきました!
今度はナンパ天気予報してみて下さい。
オー!シャイなボーイにゃ、無理ムリ無理ムリっ
>キリュウさん
プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。