スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島 親指岳 吉田の岩場

そもそも今頃、自分も大堂海岸でワイルドな花崗岩と触れ合っているはずだったのだが、私が大堂に入る予定の前日にBDさんが高波に持って行かれて事故る直前だったとの事。

無事だったので、爆笑伝説として終わったが、そのまま沖に持って行かれたとしたら命は無かったはず。


さすがに世界中を冒険して回っているメンバーでも(これはヤバい)と、
やっと気が付いてくれたらしい。


そら、ヤバいでしょ。
台風18号が去ってすぐ次の台風が来てるし。。。



高波の大堂海岸に安全なエリアは
無かったのです。
当たり前か。。。


という事で、急遽小豆島へ移動。




小豆島はいくつか港があるのだが、
今回は草壁港へ。



今日は島にエントリーするだけなのかと思いきや、まぁ、そんなはずもなく
午後いっぱい吉田の岩場にて登るとの事。


吉田の岩場も花崗岩。





自分らはまずセンターロック下部のクラシック(和泉屋)5.9。





荒波激しい太平洋とは真逆、
穏やかな瀬戸内海が見えます。


大堂海岸よりは目が細かく、
小川山の花崗岩に近い気がした。

海の岩場の例に漏れず、ボルトは錆び錆びで、げに恐ろし。





みんなが居るベムロックへ。


ウキウキ5.9をやっているみなさん。





じゃ、ボクらも、という事でやらせて貰う。






そうしているウチにお隣で別のルートにトライを始めたDSペア。




どうやらハマってリカバーをしたようだ。

あっちゃこっちゃ触りまくって
そろそろタイムオーバー。








本日のキャンプ場、小豆島オートビレッジ吉田。

とても綺麗なキャンプ場で、おじさんもとても親切。
コインランドリーまであるぞ。

温泉も併設(別料金300円)されているので、これはかなり嬉しい。






温泉から戻ると、

これでもか!

というくらいくだらない話しで盛り上がり、とは言え、ちゃんと自分らのペースを崩す事なく、飲み過ぎず、早々に就寝。

明日が本番なので、体調管理が大事です。




翌日。



親指岳へ。


赤いクラックルート5.9は去年登っているので、今回はダイレクトルート5.10b。
しかも核心部は初めてのエイドクライミング。



A0と書いてあり、恐らく自分の技量ではフリーで行くのは無理。
あぶみを使う事になるであろう、という事で、セットの仕方を取り付きで教えて貰う。




落石による遭難碑がある場所が取り付き。
確かに、じっとしているだけでも、
時折、落石の音が聞こえます。。。


このチムニーをザックを背負って登ります。





どうやら自分はチムニーが好きらしい。


2ピッチ目でルートを間違えたらしく、
人知れずハマっていたというBD師匠。


ビレイポイントから見えないので、
何をしていたのか後から知ったのだが。

ナイスリカバーです。


後続のおじさま方が登り始めて来ました。


こちらもスピードを上げていかねば!
という事で、頑張る前にとりあえずおじさま方に謝ります。


穏やかな口調で「大丈夫ですよ~、
ごゆるりと~」と、言ってもらえ、
ハートウォーミング。。。


フリーに拘らずにスピード重視です。
3ピッチ目はスリングを掴む場面が。
それはそれで腕力が必要。

頑張る。


終了点に到着する。
足場が安定しているので、ザックを下ろし、水分補給。
そして、あぶみを出す。


今回はグリグリでビレイ。
が、、、

潮水に浸かったロープはまだ湿っており、臭い上に流れが悪い。。。


上手くロープが出せなかったので、
位置を変えて対応。


ふぅ、、これでなんとか。。


しかし、ロープが、、

臭ぇぇ。。。。。





気をとり直し、核心ピッチへ。


ボルトやハーケンはやはり錆びている物が多いが、新しい物もちらほら。

なるべく新しいボルトを選んであぶみをセットする。

錆びたのは避ける!と、思いつつ、
そうも言っていられないので、恐る恐る錆びたハーケンも使うが。。。

こえぇ。。


ある程度登った辺りからはやっと
あぶみが不要になるので、腰にかける。

これはこれで、岩に引っかかるので、
早くしまいたい。。ううー。


最終ピッチは赤いクラックルートと合流する。

今までのピッチに比べると、
ほど良い感じ。


急に空腹に気がつき、

「腹減ったー!」と叫びながらゴール。





前回は雨が降って来たので、すぐに下山したのだが、今回は安定している。

おやつとおにぎりで休憩。


おにぎりの塩が薄い。


後にDSさんに薄いと文句を言われるだろうと予測したのだが、その通りだった。


休憩をしていると、ただならぬ雰囲気のミスターが登ってきた。


後で聞いた話しによると、伝説のクライマーの方でした。

こんな所で!!




と、しばし休憩をして下山。

フィックスロープはありますが、
ここは懸垂下降の方が楽そう。
支点もあります。


取り付きに戻ると
赤いクラックを登り終えた仲間が
もう一発登っている。。。


マジかよ??
元気だなぁ。。
すげーなぁ。。。


待っている間にユマールの練習やら
緊急時の脱出方法などを教わる。

一通り終わって気がつくと、

こいつに噛み付かれていた。



タカサゴキララマダニ??でしたっけ?

噛み付かれた瞬間に痛みが走ったので
すぐに気がついた。

発熱はしなかったので、どうやら
セーフだったようだ。



そして今夜もキャンプ場。

温泉と美味しい魚、
Tさんが炊いてくれる美味しいご飯に
くだらない話し。


明日は午前中に吉田の岩場。
一本くらい登る時間はあるそうだ。




今日は自分は車中泊。

フラットシートはテントより快適かも、、ふふ。。




翌日。。。


最終日だ。


ノロノロと起き出し、ゆっくり朝食。


今日はおにぎりは失敗しないぜ。


吉田の岩場へ。


今日はナイスパパクラシック5.9。




2ピッチのルート、下部はクラック、
上部はスラブ。

下部は下部で浸み出しで怖かったが、
スラブのフレーク、叩いてみると
明らかに剥がれるタイプの音がする。




ビレイ点の足場はしっかりしています。




へへっ、フォローは楽しい。。





ゴール後、懸垂下降で取り付きまで下り、ユマールの練習再び。



さてとー!

台風に追いつかれる前にフェリーで
脱出せねば!





すっかりお気に入り、
草壁港に隣接する定食屋さんにて
食事。

アナゴ丼も美味かったが、
天婦羅定食も最高でした。。。
エビが、、タコが、、
ああ、、、また食べたい。。。




さてとー、

さよなら四国!!
またねっ!
























コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。