スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編笠山

入笠山のアプローチで危険な目に遭った為、
やはり道路状況が気になるところ。

しっかり除雪されていて安全そうな道路から
登れる山はどこかしら?と考えて編笠山に。

「笠」シリーズとなってしまったが、
これは本当に偶然。

予想通り道路は凍結も酷くなく、しっかり除雪されており、危険な目に遭う事はなかった。


富士見高原スキー場の駐車場に停め出発。




今回はスノーシューは持たず、アイゼンのみ。しばらく降っていないのだし、とっつきやすい山なので、トレースもあるだろうと予測し、
出発。

登り始めは雪も少なくのんびりと歩く。






とにかく快晴!
森の中も気持ちがいいです。



ちょっとしたボルダー群があり、
ワクワク。。。

岩の陰につらら。




少し傾斜が出て来た辺りからトレースが無くなり雪が深くなってくる。
自分はアイゼンを装着。
そして、ラッセルの始まり。



先頭は「ラッセル好きなんすよー。」と、相方が行ってくれるのでありがたいのだが、歩幅が違うので結局自分もラッセルをする事に変わりはなく、遅れを取りつつもひたすらに頑張る。


植生が変わった辺りから岩がゴロゴロしてきたらしい。雪に隠れて見えないのだが、
時々、踏んだ辺りに穴が開く。



背の低い木をくぐる時にザックに挿したピッケルが引っかかるので注意しながら行く。

どうやら今日はピッケルは使わなくて済むようだ。



山頂が近づいて来た雰囲気。。

しかし、単純に標高差があり長い。。




アイゼンで岩を踏む度に軋むような音がする。
引っ掛けて転んでは大変なので、ゆっくり慎重に、確実に登って行く。

「すごい眺めですよー!」

という声に引っ張られ、山頂へ到着。




八ヶ岳全体はもちろん、中央アルプス、南アルプス、北アルプス、もっと奥は、、白山??
見えるのか?白山?













富士山もすぐそこに。


しばし素晴らしい展望を楽しむ。

さすがに山頂での休憩は風が吹き落ち着かないので、風の影響が無い場所まで戻り小休止を取る。

一本満足?のカルピス味と白湯、
最高に美味い!!

そして岩が無くなる辺りでアイゼンを脱ぎ
グリセードで下る。

下りは少しラッセルですが、自分らのトレースを辿れるのでだいぶ早いです。


ボルダー群まで下り、穏やかな陽光の中
この日初めて座っての休憩を取る。



せっかくなので紅茶。

そして、、

この山行の終わりが近づいてきました。



駐車場が近づく時のこの寂しさは
いつもの事です。

歩いた道を振り返ってみる。





朝、うっすらと雪があったくらいの場所は
溶けて地面が見えております。



道路はすっかりこんな感じで。




建物の向こうに編笠山山頂。


いつも思う事ではあるが、

さっきまであそこに居たんだなぁ、
自分の足で行ったんだなぁ。。
いつまでも、こうやって山に登れますように。。

しみじみ。。。



さてとー!!
温泉入って食事して帰りますかぁー!


肉だっ、肉っ!!
肉食うぞー♪♪♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。