スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那須岳 敗退

強風で名高い那須岳。
冬に行ってみたいとの希望で栃木県へエントリー。
まずは、宇都宮と言えば餃子。
有名店の味をいろいろ味わえるお店で精を付け、いざ。



とは言え、前日に降った雪の兼ね合いもあり、
一番の心配は道路。

あまり早い時間だと、道路の凍結が怖いので、
出発を遅めにするかどうかで会議。

平日という事もありラッセルは必至なので、
山頂を踏めるかどうかも考えなくては。

とにかく雪道運転に慣れていないので、
安全第一で遅めに出発。

途中までほとんど雪は無かったが、
スキー場手前でチェーンを装着。

安全第一。


大丸駐車場に車を停め、出発。



登山届け提出所に向かって右側の尾根から入ります。






始めの辺りはトレースがしっかりあるので、
辿ります。



道路を突っ切り直登するイメージ。



風が強く、だんだんトレースが消えて来ました。

ここでワカンを履きます。

カーブミラーが埋まっているのを見て
雪の深さが判ります。



素直に道路側を歩けばいいものを
好きな方を歩こうとしてズッポリはまったその下は小川。。

サラサラと流れる水を見て、
濡れたくないので焦る。



程なくして峠の茶屋に到着。




無雪期ならば、ここまで車で入れるのだが
雪の季節はここまで歩きです。


と、ここまでも何人か途中敗退で下山して来ていたのだが、ここでも下山中の四人組に会う。

しっかりロープなどを装備して、朝日岳も狙っていたという事ですが、峰の茶屋辺りで強風の為引き返して来たそうな。


この時点で、今日は敗退する気満々の私達。


とにかく雪遊びを楽しんで、ほどほどの所で下山しようという事に。


そもそも連れが、登る前から決定的な失敗を犯しているのだ。


登山靴を忘れるという、基本的な失敗を。


辛うじてスノーブーツはあるので、私のアイゼンと交換すれば履けるだろう、それで行ける所まで、という感じだったのですが、どのみち
「どうせなら山頂踏みたくないっすか?」と、
熱く訴えていた連れの言葉は宙ぶらりんなのだ。


まー、そんな感じなので、峰の茶屋辺りまで行ければいいかなぁ、と考えつつ歩く。



登山指導所に到着。
立ったまま、あんぱんタイム。

なだれに注意です。



鳥居が、






尾根の南側の樹林帯を進み、



強風なので雲の流れはめちゃくちゃ早く



青空が出たり隠れたり。























自分としては峰の茶屋までは行ける気がしたのだが、時間と強風の事を考えて下山する方がいいという事に。

まぁ、きっとまた来る事もあるでしょうし、
今日はここまでとしますか。

下山開始。

今度は尾根の北側を下り、元の道へ合流。



登山指導所の辺りでソリ遊びをしている人達が居た。
楽しそう♪♪

雪だるまを作ってみたが、
顔にできる材料が見当たらず、
顔なし雪だるま。


しばらく遊んで下山。


お腹を満たすのが先か、お風呂が先か、

せっかく温泉場に居るのだからお風呂っ!!

段取りの効率化を図り、お風呂をごり押し。

行こうとしていた鹿の湯が改装で休みだった為、源泉を同じくする温泉に。



手ぶらで行ってもタオル付き500円。
タオルは持参してあるので、
借りませんでしたが。

ちょうどいい湯温に白濁した湯。
ほっこりします。。


久しぶりに体から硫黄の匂いを漂わせ、、、
さあ!次はご飯だっ!!


せっかく観光地に来たのだから、
頑張ってみようと、入ったこのお店。



ジョージとリンゴのバランスが気になる。。



ビートルズ好きだった私にはたまらんお店で、いい雰囲気の中、マニアックなレパートリーが流れる店内。

メニューは高い物はめちゃくちゃ高いが、
とっつきやすいお値段のメニューもあり、
且つ、美味しく。。

お腹もハートもご満悦。

那須、最高です。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。