スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩山

自分の中の岩山ブームを満足させる為には
この山に登っておかなければいけなかったのだ。

なんせ、名前が「岩山」やもんね。

標高は低く、328m。

岩場が多く、少し冒険気分を味わえる里山のハイキングコースだ。

元々は足尾の方の山に行こうと出かけたのだが、あっちの方は雲が濃い。。
雷雨予報も出ている。

それでは遠出するよりも、近場の低山の方がいいんじゃないかという事で、
寄り道気分でこちらに向かったのだが、
これが正解、楽しいハイキングと相成りまして。


日吉神社の駐車スペースに車を停めスタート。




狛犬が可愛い。ツノ。





明瞭な道を進む。
しばらく雨が降っていないので、とても歩き易い。

と、思いきや、登山道の真ん中にて昼寝をするマムシに遭遇。



木を投げてみると、かま首をもたげて威嚇してきた。

戦いたい訳ではなく、この先に行きたいだけなので、作戦変更。


尻尾の近くの落ち葉をさかさかと鳴らすと
ゆっくり動き出した。

やっと程よい距離を保てたので、走って通過。

それにしても。。。
踏まなくてよかった。

という事で、木の棒を持って、探りながら先へ進む。



しばらく行くとこんな岩場があり、ここがA峰?
ところどころボルトが打ってあるが、
これ、大丈夫か?





裏側に回ってB峰。







ここは綺麗な一枚岩があり、登ってみたくなったので取り付いてみた。








この近辺にボルダー壁があるというので探しに来たのだが、よくわからない。。。

C峰へ。



たーのしー♪♪



そもそもクライミングゲレンデを見に来ただけだったので、この先には行かず戻る予定だったのだが、どういう経緯か忘れたが、例のごとく「どうしてもイヤだったら引き返そう。」という話しをして、先に進む事になった。

連れはクライマーのくせに、何故か登山での岩場が苦手なのだ。
普段、もっと高難度のものを登っているのに、。

三番岩を過ぎ、ニのタルミの辺りで、ヘルメットを被り、ハーネスを装着したパーティに遭遇。



ここは岩場通過の練習もできる山という事で、
近隣の人達がこうやって訓練をするのだそうです。

某ツアー会社の槍ヶ岳に登る為の練習だそうで、結構な人数。。。

ガイドが、先に行くように譲ってくれたので遠慮なく先に行く。

ふと、劔岳の下山時の大渋滞を思い出した。。





踏み跡がいくつかあるので、間違え易いのだが、リカバーしながら尾根伝いに進む。

だらっと長い岩尾根ですが、一応、一番岩の辺りが山頂のようです。



岩山の日向は暑い~~。






少し下って日陰を探す。

穴ぽこの先、、、



ボルダー壁発見!!!




ここでちょっと遊ぼうと、せっかく探し出したのに、なんと。。。


登山者のトイレと化しておりましたっ!!




少しだけガッカリしながら猿岩へ。




ずっとおやつを食べたいと思っていたので
猿岩の上で景色を楽しみながら食べようと言うと、こんな高い所でそんな事をしてる場合じゃない、落ち着かない、下りようと言う。

高所恐怖症の人にとっては安定した地面でも
高度感があると恐怖の場所でしかないようだ。

これは。。。

岩の山にガンガン連れてって、慣らしてやらねばっ!!

と、心に誓う私であった。

さてと、ここからが連れにとっての確信。

結構切り立った岩の鎖場です。

先に行くと言う。
頑張れ。

60度から80度の傾斜の岩場、ホールドも少なく、滑り易い。
腕力を頼りに70m下降します。






トラバースコースを選ぶが真っ直ぐ降りるかはあなた次第。





雨の日の後はヤバいです。



無事、終了!
よく頑張りましたー!


しばらく歩き、ゴルフ場へ下り、農道を歩きつつ日吉神社へ戻る。





先に言ってよー。








私は鹿沼の景色が大のお気に入りです。



ろまんちっく村で汗を流し、
小腹を満たし、


お決まりのこれ。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りこ

  • Author:りこ
  • 12月24日生 山羊座のO型 高知県四万十市出身
    趣味の登山の話や日々考えた事やあった事なんかを、等身大で書き留めていく感じでやっていきたいと思います。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。